「雪除け」をした

上越にきて初めての豪雪。今日の午後は予定がまったくないので,駐車場の雪除けをがんばった。

やり始めてすぐに結構頭を使う作業であることに気づいた。最初にどこの雪をなくして,次はどこを…?雪除けは小さいころにやったことはあるが,大人になってから本格的にやってことはない。だから進め方の基準というか,セオリーみたいなものがわからない。しかも,駐車場は広いし,道具はスコップ1つしかない。

3分くらい途方にくれていたが,結局できるところからコツコツやるしかないと考えた。それから黙々と,雪の壁を崩しては駐車場の隅に雪をスコップで投げる,という作業を繰り返した。1時間くらいやっていたら車の駐車スペースが少し広くなった。勢いに乗ってどんどんやりたくなってきたが,暗くなってきたのでやめることにした。

この「雪除け」という作業で学べたことを一般化してみると,「漠然と何をすればいいのかわからないときは,できることをコツコツやっていけばいい」ってことか?そんなことを考えながら単調な作業を繰り返した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です