大人の宿題―発想以前の発想法

一話ごとに宿題が出される。宿題はやらず読んだだけだが,身近な問題なので取り組みやすい。
例えば,「普段,自分があまり抱かない類の情感を具体的に言葉として一つ挙げ,それを意識しながら街を歩いてみましょう。」など,何か得られそうな宿題なので面白い。

容疑者Xの献身

ガリレオにはまり中。小説版がなくハードカバーしか出てないが,我慢して買った。今までの「探偵ガリレオ」,「予知夢」は一話簡潔型で5話くらいずつ収録されていたが,この「容疑者Xの献身」は一話だけで構成されている。ガリレオの中で一番長いストーリーといえる。

今までのように一話が短くて,トリックをすぐに見られることに慣れていたので,最後まで我慢できるか心配だったが,全然大丈夫だった。まったく飽きることなく最後までわくわくして読めた。最後のオチもさすがだった。