卒業式、最後のホームルーム

初めての3年担任。最後のHR(ホームルーム)で何を話そうか悩んだ。一週間前からネタ探しを初めて卒業していく彼らにぴったりだと感じる言葉を見つけた。

行き先がわからなければ、どの道を通ってもどこへも行き着かない
ヘンリー・キッシンジャー

漠然と過ごしてほしくない。何か目標をもってほしい。それをわかりやすく伝えるために選んだ言葉。

謝恩会で保護者の人と、この言葉の話になった。
「いい言葉だが、目標をもって何かを始められる人は少ないのではないか、あの子たちにはそれが難しいだろう」、とのこと。確かにもっともだ。簡単なことじゃない。でも、この言葉の影響で、モチベーションを高めた生徒がひとりいればそれで満足だと思った。がんばれ。

センター試験一日目

今年もセンター試験が始まった。

トラブルが予想される英語のリスニングテスト。早速ニュースで全国で300数件トラブルがあったと放送されていた。良いことではなく悪いことであるというニュアンス。しかし、全部でその程度の数ならむしろ誉めていいくらいなのではないかと思う。

それにしても、毎年この期間はニュースで、センター試験の試験監督の不備を責めている気がする。オレが受験生の頃もミスはあったんだろうけど、ニュースにはならなかったと思うんだけど…。悪者を作って叩くのが楽しいのかねぇ…。