「雪除け」をした

上越にきて初めての豪雪。今日の午後は予定がまったくないので,駐車場の雪除けをがんばった。

やり始めてすぐに結構頭を使う作業であることに気づいた。最初にどこの雪をなくして,次はどこを…?雪除けは小さいころにやったことはあるが,大人になってから本格的にやってことはない。だから進め方の基準というか,セオリーみたいなものがわからない。しかも,駐車場は広いし,道具はスコップ1つしかない。

3分くらい途方にくれていたが,結局できるところからコツコツやるしかないと考えた。それから黙々と,雪の壁を崩しては駐車場の隅に雪をスコップで投げる,という作業を繰り返した。1時間くらいやっていたら車の駐車スペースが少し広くなった。勢いに乗ってどんどんやりたくなってきたが,暗くなってきたのでやめることにした。

この「雪除け」という作業で学べたことを一般化してみると,「漠然と何をすればいいのかわからないときは,できることをコツコツやっていけばいい」ってことか?そんなことを考えながら単調な作業を繰り返した。

車がスリップして動けなくなった

上越に来て3年,初めてこんなに雪が降った。

ここ数年,そんなに雪が降っていなかったが,この2・3日はものすごく降った。

職場を出て道路に出ると,両側が1m以上の壁になっている。道もデコボコだし凍ってるし,2WD+低車高のゴルフプラスちゃんだと,スリップしそうで運転が恐い。慎重に運転しているつもりだったが,デコボコにはまってしまった…。

どうやっても動かない。車のお腹がつっかえているようだ。いわゆる「亀さん状態」。ちょうど近所で雪のけをしているおじいさんがいて,助けてくれた。ホースで水をかけて車の下の雪(氷?)を溶かすことにした。しばらく待ち,車を進めてみたが動かない。何度も試しても動かない…。結局他に方法がないので1時間以上粘ってようやく脱出できた!

道にはまって人に助けてもらったのは初めてだ。ひとりでいるときに誰かが助けてくれるとというのは,本当にありがたいことだと思った。しかも真っ暗な夜だと心細さが倍増するので,いてくれるだけで心強かった。今度改めてお礼を言いにいこう。

2010年の目標

大学入試に詳しくなる!各学科ごとに調べる!

有名大学の数学の問題傾向を調べる!

「もも」を抱っこできるようになる!

優先順に並べるとこの3つかな。2009年とまったく同じだ。

去年の目標をどの程度まで達成できから反省してみる。

「数学オリンピックの問題を解く!」
2009年の問題以外解かなかったが,あきらめずに解ききった問題があったのはよかった。一生の思い出になりそう。

「もも」を抱っこできるようになる!
全然チャレンジしなかった。虎穴に入らずんば…ということで,今年は,最初はネコパンチくらったり噛まれたとしても,ひるまずに挑戦しよう!

「大学入試に詳しくなる!各学科ごとに調べる!」
これも全然だ。今年は知らないとヤバイので,計画的にやろう。

「有名大学の数学の問題傾向を調べる!」
11月頃からボチボチ始めた。近県の国公立の2009年の問題は解いた。これからは過去の問題に手を出していこう。それができたら,違う大学にも手を伸ばしたい。

やろうと思うだけでなく,計画的に時間を作ってやらないとダメだな。

完全なる休日にしたこと

今日は完全なる休日。部屋にこもる。
一日中を自由にできる日はここ数ヶ月なかったような。

なんでもできる!と思っていたが、いつのまにかこんな時間。これまでにやったのは、

1.部屋の掃除
すぐ終わったけど、軽い運動になった

2.数IIICの勉強
だらだら解答読んだだけ

3.タングラム
基本的な図形しか作れなかった。鈍ってる。

4.マサラチャイ作り
このためだけに牛乳買いに外出する羽目に

さて、これからサイトを作ろうかと思って、ついでにエントリしてみた。これから何しよう?

あれからしたこと(3時間くらいかかった…)

5.2007年に読んだ本をエントリにした

6.2007年1月から3月までの生活をエントリにした

卒業生にもらった

部活の生徒にもらった。ヒツジのまくら。かわいいもの好きなのがバレていた…。

今日はオレの誕生日。まさか何かしてくれるとは思ってなかった。最初リアクションに困って焦ってしまった。もっと落ち着いて「ありがとう」っていえば良かった…。

てか、最初の先制攻撃がキツイ。体育館で仕事をしているオレの前に、部員達がいきなり整列しだして、

部長「気をつけ、礼!」
部員「お願いしまーす」

だ。「ありがとうございました」ではないのは、どうやらこれから最後の部活を始めますって意味なんだろう。この時点で気を緩めたら泣きそうだった。

卒業式の後片付けとか明日のこととか気を抜けない状態だったので、気を張って仕事に集中していたところにコレ。マイッタ。

この出来事が一番グッとくる思い出だった、と今振り返ってみて思う。